匠 -たくみ-

塗装を担当して17年目となりました。塗装はわかりやすく言うと家具・建具に化粧を施すという感じですが、常に「お客様や業者様から見たらどうなのか?」と考える客観的な視点を持つことに心がけてきました。
また、職人として逃げずに必死でやれているかを問い続け、塗装を価値ある仕事・誇りのある仕事に高めてこられたとも自負しています。
実は私の趣味は「映画・オペラ・絵画の鑑賞」です。

素人で入社しましたので、最初は現場で「壁ってこうなってんだ。」「家具ってこうやって取り付けるんだ。」と驚くことばかりでした。
工事管理は現場のビフォアとアフターはもちろん、全工程を見ることができるので大変面白い仕事です。
現場次第で商品や材料などすべて変わっていきますからフレキシブルに対応しています。

工事部所属で、工場の仲間が心をこめて製作した製品をキチンと取り付ける最後の工程をしています。
仕事は常に丁寧に、かつ素早くを心がけています。製品に傷をつけないように細心の注意を払いながら作業していきます。
また、仕事は一人でするものではないので、みんなが笑顔のなれるように日頃から気を配っています。
ほとんどの現場で「ナスクさんに頼んでよかった」と言われるのも、全社のチームワークの良さによるものと思います。