沿革

1947
先代、永田重志(当時32歳)が建具工事業として、創業
1960
(有)上熊本建具工業所として、会社設立
1965
熊本市花園町(現・西区花園)に社屋・工場設立(330m²)
1969
先代、永田重志(54歳) 海難事故で逝去
同年、永田利一現社長(当時22歳)が就任
1973
隣地購入し(660m²)、工場を増設する(合計990m²)
1980
家具工事業をスタート
1990
建築・木工事業をスタート
1993
合志工業団地へ工場移転(3,300m²)
(土地・建物4億円、機械設備1億5,000万円、総投資額5億5,000万円)

「株式会社ナスク」へ社名変更

塗装部の新設

本社は西区花園に残存
1996
最新のNCルーターやCADなどの機械設備へ新たに5,000万円投資する
1999
リフォーム事業部をスタート
2006
自動縁貼機など1,500万円投資し新たに設置

技能五輪全国大会へ参加 銀賞受賞
以降、毎年県代表として参加
2010
設立50周年
2012
高周波プレスなど2,000万円投資し新たに設置
2015
PNC複合ボーリングマシン、PNCドア加工機など
3,000万円投資し新たに設置

技能五輪全国大会 建具部門で銀賞受賞
2016
技能五輪全国大会 建具部門で金賞受賞
2017
創業70周年

オートリターンテノーナなど2,500万円投資し新たに設置

技能五輪国際大会 建具部門で日本代表として出場 敢闘賞受賞